暑いお天道様が続いていますが、怖~い怪談問題を持ち寄っては涼んでいます。

今年も夏季極点で、照り付ける日はやむことを知りません。毎日毎日うだるような暑さが続いていらっしゃる。そんな中身は友人陣って話して、怪談チャットをしハマる会を試しました。こわいチャットをすれば背筋までヒンヤリ涼むだろうといういやにオールドパックですが、たまにはこの涼み方もありだとしていらっしゃる。とりあえずは5方程で集まれる日光を打ち合せ、機会は一段とフィーリングをもたらすために夕方場面、今にも日光が落ちそうな年月から設けることと決めました。そうして怪はなしの即日、おのおの独自の針路で仕入れたとっておきの恐いチャットを携えて、1人の友人宅に夕方時に集合しました。それから5方は輪を始めるようにして向かい合ってフロアーに座り、電気を落として携帯の光のみで話をしていきました。それでは私の横にいた友人Aくんから話し始めました。そのAくんは種々雑多な広いしがらみを持っているので、実際に周辺に起こったチャットを、さながら自分が経験してきたかのようにリアルに語りました。それはもはや恐ろしかっただ。亭主には怪談の五感が花開いていました。そうして私の番。身はあんな都合よく恐い体験をした周辺はいなかった結果、夕刻帯にプログラムされていたテレビ局の怪談チャットを覚えて、僅か下ごしらえを変えて話すこととしていました。そうしてちょっぴり話し始めるといった、私の向かいの友人Bくんが微妙な面持をし出しました。なのでわたしがどうした?という所見をかけるって、私もそれを話すつもりだった…とのこと。まさかのトピックか振りで怖いフィーリングから一転、5方ともオモシロしました。怪はなし会はその後もグダグダになってしまってヘマに終わりましたが、暑さを忘れて友人たちという興味深い深夜を話すことができました。今度はしっかりとしたトピックを持ってこようと思います。ルメントシャンプーで自宅で簡単にヘッドスパができます